ホーム  >  地方職員共済組合について  >  採用情報  >  職員採用情報  >  保健福祉部 S.Kさん

先輩職員の声

1 現在の部署の仕事

S.K
平成25年採用 / 経済学部卒業
保健福祉部保健課短期給付係

現在配属されている保健課短期給付係は、組合員やそのご家族の方が病院を受診した際の医療費などの支給に関する業務を行っています。

私は現在の部署に配属になって2年目になりますが、それまでは年金部の配属でした。年金は老後の生活費ですので、あえてどちらかと言えば喜ばれる給付ですが、短期給付は病気やけがといったご本人やご家族にとって困った事柄に対する給付で、対象者もOBと現役ということで全く異なりますので、同じ給付という名称でありながら、かなり違いがあるなというのが第一印象でした。

私が担当している業務の一つに、医療費の支払いがあります。支払いは、毎月、組合全体の医療費を一括して行うものですが、今までに見たこともないような高額な医療費が毎月かかっている現実を目の当たりにして、我が国の医療費に関心が強くなり、関係する新聞記事や報道をかかさずチェックをするようになりました。

また、短期給付の保険料率は、組合ごとに設定することになっているので、当組合も組合員30万人の方々に影響する保険料率を本部で決定しています。そのための統計処理や将来推計など、極めて緻密な業務も行っています。

最近では、短期給付に関するマイナンバー関連の事務で他の共済組合や国の方々とも仕事をする機会もあり、さらに視野が広がりました。

このように、短期給付は、組合員やそのご家族が安心して日々の生活を送るために必要な給付ですので、毎日緊張感を持って業務に取り組んでいます。

2 職場の雰囲気

職場の雰囲気は、一言でいうと風通しが良いです。所属している係は、医療保険制度やその仕組みについて、専門的かつ広範な知識や判断が求められますので、日々の勉強も必要ですが、私が業務で迷っている時には、上司や先輩がすぐに見つけて快く助けてくれます。

私自身も積極的に意見交換をすることによって、仕事がスムーズに進むように意識していますが、職員同士の仲が非常にいいので、違う部署の人とも、話をしたり、昼食に出かけたりする機会も多くあり、風通しがいいと感じています。

3 休日の過ごし方

私は、小学生の頃からずっとサッカーをしています。現在、社会人チームに所属しており、東京都のリーグで試合をしています。試合後はチームの皆で打上げをするなど、楽しくリフレッシュしています。大好きなサッカーをすることによって、仕事とのオン・オフを切り替えることができるため、週明けからまた仕事を頑張ろうという気持ちになります。

職場にもサッカー好きの人が多いので、有志でフットサルをしたり、サッカー談義に花が咲いたりして、良いコミュニケーションにもつながっていると思います。

ページの先頭へ戻る