ホーム  >  各事業のご案内  >  短期給付事業 >  短期給付の種類  >  柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師にかかったとき

柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師にかかったとき

柔道整復師などから医療保険の対象となるケガなどに対する施術を受けた場合には、施術に要した費用から自己負担額を差し引いた額が支給されます。

自己負担額は、医療機関にかかった場合と同様です。

柔道整復師等の施術に係る共済組合からの照会にご協力ください。

(1)柔道整復師の施術を受けるとき

整骨院や接骨院で、骨折、脱臼、打撲、捻挫(いわゆる肉ばなれを含みます)の施術を受けた場合に支給の対象となります。

なお、骨折と脱臼については、緊急の場合を除いて、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

  • ※1 単なる肩こり、腰痛などに対する施術は、支給の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
  • ※2 療養費は、原則として本人が費用の全額を支払った後、組合員が共済組合へ請求を行って支給される償還払いとなっていますが、柔道整復師の施術を受ける場合は、例外的に、本人が自己負担額を柔道整復師に支払い、柔道整復師が組合員に代わって残りの費用を共済組合に請求する「受領委任」という方法が認められています。このため、共済組合と受領委任の契約がある整骨院や接骨院では、医療機関にかかったときと同じように自己負担額のみを支払うことにより施術を受けることができます。
  • ※3 柔道整復師が組合員に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に本人のサインをいただくことがあります。
  • ※4 医療機関で同じケガの治療中は、施術を受けても支給の対象にはなりません。

(2)はり師・きゅう師の施術を受けるとき

主として神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症などの慢性的な疼痛(とうつう)を主症とする疾患の治療を受けた場合に支給の対象となります。

  • ※1 あらかじめ医師の発行した同意書または診断書が必要です。
  • ※2 医療機関で同じ疾患の治療中は、施術を受けても支給の対象にはなりません。

(3)あん摩・マッサージ・指圧師の施術を受けるとき

筋麻痺や関節拘縮などで医療上マッサージを必要とする症例について施術を受けたときに支給の対象となります。

  • ※1 あらかじめ医師の発行した同意書または診断書が必要です。
  • ※2 単に疲労回復や慰安を目的としたものや疾病予防のための施術は、支給の対象にはなりません。

ページの先頭へ戻る